こみなみ求人特設サイト求人特設サイト

デイサービス
定期巡回こみなみうれし野

徳岡 康公

令和1年8月よりこみなみうれしのへ入職しました。

入職後すぐに、事業立ち上げの為
加古川市へ仕事を覚えるためにも出向となりました。

土地勘もなく、訪問すらやった事もなく不安いっぱいで

加古川市の北在家定期巡回のスタッフとして働き始めました。


4か月がむしゃらに働きました。

休みもけずり、朝皆が寝ている時間に出勤し、皆が寝る時間まで働きました。

大変!!忙しい!!の毎日だったがしんどいと思ったことはなかった。

しんどいと言う言葉を言いたくなかった自分がいました。

在宅で生活されている利用者さんの自然な笑顔や、訪問に来るのを待っている利用者さんに答えたいという気持ちで毎日の訪問をかけ回っていました。

12月、うれしの定期巡回サービスが開始となり、

4か月働いた加古川市から離れて加東市に戻る事になりました。

4か月の訪問の思い出は自分の訪問の思いや、利用者さんとの思い出が沢山詰まっており、 最終日は車の中で泣きながら一軒一軒お別れの挨拶と訪問先の利用者さんと記念の写真を撮りました。

後日写真を現像し写真立てに入れプレゼントしました。


うれし野の定期巡回が始まり、12月より管理者となり営業や事務作業が増え新規利用者さんの受け入れなどで訪問することが減り、デスクワークの毎日で朝から晩までがむしゃらに働いていました。


ある日、事業所の職員誰もが帰宅され一人事務所で仕事をしていると、

北在家の職員さんから一通のメールが届きました。

「本日、草壁さんの訪問時に定期巡回スタッフが増えたので顔写真いりの紹介表を張り替えている時、自分の写真をみて伝言を頼まれたので伝言しますね。

「この兄ちゃん頑張ってるか?体に気を付けるように言うといて。寒くなったから風邪ひかんようにしなさいよ。って言うてくれるか?」

と言われてましたよ。とメールが来ました。

そのメッセージを見た瞬間、 今までにないぐらいの感情が溢れだし、

事務所で一人大泣きました。

北在家の訪問から一か月半たったのに普段薬の管理も困難な方が自分との訪問の記憶が残っている事に感動したエピソードでした。


定期巡回こみなみうれし野 / 徳岡 康公

一度、見学に
来てみませんか?

RECRUIT

求人担当者
森 正和

こみなみは共に働き、自分の"優しさ"を活かした仕事が出来る仲間を探しています。まずは職場の雰囲気を知りたい方のために、1日体験もご用意しております。相談の実でも構いません。お気軽にお問い合わせください!!